スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕たちは潜在意識で印象を決めている

今日は妻と一緒に赤ちゃん用品を買いに行きました。

赤ちゃんの肌着用の洗剤というものがあるのですが、
それを選んでいたとき、こんなものがありました。


洗剤1

赤ちゃん用洗剤です。
でも、カビキラーに似ていると感じました。



そしてコレ↓

洗剤2

こちらは、キッチンハイターに似ています。
赤ちゃん用洗剤じゃなくて
赤ちゃん用の漂白剤らしいですが。



赤ちゃん用洗剤という肌に優しいものを選んでいるのに、
「カビキラーやキッチンハイターに似ている・・・」
という印象を持った時点で、
この二つの製品はアウトになってしまいます。


結局、肌に“優しそうなもの”を選びました。
もしかしたら、この二つの洗剤の方が肌には優しいかもしれません。

でも、僕の潜在意識にある

「肌に優しい」

という情報は、実際に買った製品と結びつきました。


そのものの見せ方を工夫し、
 潜在意識に入っている情報とどう結びつけるのか・・・

とても大切だなぁと感じました(^0^)/


ちなみに、
これはホームページでも、セミナーでも同じです。
気をつけなきゃですね。


※今回は、赤ちゃんの肌に優しいということを
意識したので、買ったものを選びました。
この二つの製品が、
洗浄力を謳っているのならば正解ですね☆
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人生に幸せと成功をもたらす最強マニュアル

●悩みを短時間で克服する知識とノウハウ●潜在意識を有効に使いこなす知識とノウハウ●目標の達成へ確実に進む行動力をつけるための知識とノウハウ●運を良くする知識とノウハウ●良好な人間関係を築き上げる知識とノウハウこの5つの知識とノウハウを知ることで、あなた...

コメント

非公開コメント

No title

★こんにちは。

今日の記事のようなことを
以前からボクも気になっていて
いろんなところで話題にしていました。

○オングループのプライベートブランド
「○ップパリュ」などが好例ですね。

食品も雑貨も同系統のパッケージ。
どちらかというと雑貨向のデザイン。

さすがに伸び悩みがあったようで
最近は、環境や健康を切り口にして
ブランドを細分化して色分けしてますが
食品なのにも関わらず
雑貨と同じデザインの商品が
未だに、あるのが不思議です。

競争力アップと合併対策を一手に引受ける
膨大な費用を投じてのマーケィングでしたが
とんだブランディングの勘違いだと思います。

では、また、
お気楽に... (^^)/~~~

No title

ほんとですね!!

視覚と過去の記憶の中でのイメージとをリンクさせてるんですね。
確かに、無意識に自分の安心できるブランドのイメージを追いながら買い物しています。
例えばここに聴覚の情報が入ってきて、店員さんが「これは、こう見えますが最も肌に優しいのです。」というと、逆にカビキラーやキッチンはいたーのイメージも少し和らぎそうな気がしますね(笑)

Re: No title

どくとる☆はにわさん

コメントありがとうございます。

本当にパッと見たときの印象は大切ですね。

ブランディングはあまり詳しくないのですが、
(※それは友人でリンクも貼っている渡辺智也さんがプロです)
トップバリュは、ブランドイメージをすべてのパッケージングに
統一させているのでしょうね。

どくとる☆はにわさんがおっしゃるように、
それが安っぽい印象を与えてしまうのであれば、
問題があるのですが・・・。

ありがとうございます。

Re: No title

みかっちさん

コメントありがとうございます。

聴覚情報。
そうですね。
商品を語る場があれば変わってきますね。

そのときは、皆が共通にもっている
「カビキラーに見える」
という共通認識を有効に使えば、
はるかに効果的なプレゼンができます。

その辺りはセミナーなどに使えますね(^0^)/

ふわふわ 赤ちゃん ☆

桑名さん、ご無沙汰しております ☆
大西 佳代子です

引っ越しで 入院中だったPCが
やっと 元気を取り戻し戻ってまいりました!!

メールアドレス変更いたしましたので
お手数ですが 登録お願い致します。

赤ちゃんグッズのショッピングは ルンルンしますよね!

きっと お誕生後は
我が子の傍から 離れられず 
寝顔を見ながら
より、今の幸せを
満喫されることと
ご推察 致します (*^_^*)

さて 赤ちゃんグッズについての
経験からの メッセージですが、
赤ちゃんのお肌は
信じられないくらい デリケートで
しかも 何より自然が 大好きです。

私も 長女の時は
哺乳瓶は消毒するは
おっぱいの乳頭までも念入りに 消毒するはで
大変でした。
そのうち 初めての育児疲れと重なり
母乳タイムが 辛く感じた時さえありました。

ただ。。。
正直 あまり必要ありませんよ (^-^)

だって 大自然の恵みである
お日様が 燦々と輝く季節なんですもの。

いくら お肌に優しいとはいっても
薬剤は薬剤です。

ママの今日までの食環境・住環境を考えると
今いる 子宮の中でも
残念ながら 異物にさらされ もがいている状態。

生まれてきても尚、
異物漬では 可哀想です。
又 新生児の免疫力を低下させる
原因にもなりかねません。

衣服はしっかり日光消毒してあげ
お肌にしっかり免疫力をつけられるのが
最大の 殺菌だと思いますよ。

実際、必死で消毒しまくった長女に比べ
次女には 一切構わず過ごした今、
思春期になって 本来の免疫力が強いのは
生まれた時に お肌の弱かった 次女の方です。

肌が弱かったからこそ
しっかり 自然治癒力・免疫力を高めることに
専念しました。

抵抗力をつけること(食・運動・睡眠・)も 大切。

ただ、ご両親様もおそばにいらっしゃる事でしょうし
あまり 育児書や世間一般とうたわれる
情報に左右されることなく
ご夫婦のポリシーのもとで
ベストな選択をなさって
未来ある 輝かしいお子様の未来を
サポートしてあげてく下さいね !

子供は 宇宙最大の奇跡
可能性の宝庫です。

大人である親自身が 情報に惑わされず
自分らしく生き生きと輝いていることが
大切な子供達の可能性を 一番伸ばす
最高のギフトだと 思います。

心のサポートをしてくださっている桑名さんに
今さら お伝えすることでもありませんが
子供は 本当に 神様からの 宇宙からの贈り物です。
 
ご夫婦の成長をサポートするために
生まれてこられる天使に 幸あれ!!






見るところが違うね。

こんにちは、桑名さん。

鈴木です。

やっぱ、一瞬で判断してしまうものなんですね。
私はメーカーを確認をしているので、専門かなと思って見ます。
とりあえず、大人も赤ちゃんでも同じものでいいんですよ。

大人用でも使う洗剤の量を少量にするだけです。

ぬるま湯でお洗濯をすると汚れも落ちますし、
洗剤が気になるのでしたら、重曹を使って洗うことも出来ます。

重曹関係の本もありますよ。

あ、そうそう洗剤を入れる前に予洗いをすると汚れ落ちがいいですよ。それから洗剤を入れると少量になるからね。

それと十分にすすぎをする。
それだけでいいですよ。


今のように洗剤がない時代にはお水で洗って着せていたので、
洗剤で洗わなければならないというのも思い込みかな~。

まあ~赤ちゃん独特のにおいがするから、ちょっことはするほうがいいのかも。

今から楽しみですね♪

Re: ふわふわ 赤ちゃん ☆

大西さん

こんにちは。
パソコン復活おめでとうございます(^0^)/
よかったですね☆

さて、アドバイスありがとうございます。
洗剤必要ないですか!?
あると必要なのかなって思いますね。
こうやって教えてくれるのはありがたいです。
ありがとうございます。

情報に惑わされず、
子どもの最もいいと思うことをしてあげること、
大切ですね。

参考になりました。
ありがとうございます。

Re: 見るところが違うね。

鈴木さん

こんにちは。
アドバイスありがとうございます☆

やっぱ必要ないのですね(^0^)/
ありがとうございます。

分からないことだらけなので、
アドバイスいただけるとありがたいです。

デリケートだと思うので、
大切にしてあげたいですね。

ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。
プロフィール

桑名正典

Author:桑名正典
▼好評のメールマガジン登録はこちら
 ◆PCの方はコチラ
 ◆携帯の方はコチラ

▼ツイッターはコチラ
http://twitter.com/personslink

▼小説『7月7日の奇跡』を無料でプレゼント
⇒ 『7月7日の奇跡』はコチラ
自分を信じること、自分の素晴らしさに気付くことがテーマです。

▼桑名正典公式サイト
http://www.personslink.com/

▼プロフィール
桑名 正典(くわな まさのり)

心理カウンセラー
NPO法人日本心理カウンセラー協会 役員
Person's link 代表

1977年2月生まれ。兵庫県姫路市出身。
兵庫県立姫路東高等学校を経て、岡山大学、大学院(専攻は化学工学)を修了後、(株)神戸製鋼所の研究会社コベルコ科研にて環境分析に携わり、農薬や有機化学物質、PCB、アスベストといった環境負荷物質の濃度分析や評価を行う。

サラリーマン時代は自分の可能性を閉ざしていたが、あることをきっかけに、自分の可能性を追求したいと考えるようになり、金なし、コネなし、経験なしの超見切り発車状態で会社を退職し、独立する。

元々は世の中に素晴らしい知恵と知識を広めるため、セミナープロデューサーとして活動する。
活動の中で、30年以上のベテランカウンセラーである澤谷 鑛(さわたに こう)氏のオフィス立ち上げに関わり、共に行動する中でカウンセリング力を見出され、カウンセラーデビューを果たす。

成功者からどん底の人までの多くの人生に触れて観察・研究した結果、「すべての人に役割があり、輝いた存在だ」ということに気づく。
さらに、澤谷 鑛氏やNPO法人日本心理カウンセラー協会理事長の前田大輔氏はじめ、大成功している成功者や、業界のトップを走る多くのマスターに師事して学んだ成功哲学・人生哲学・仏教哲学を統合した「幸せの知恵」を体系化し、カウンセリング・講演・セミナー・書籍などを通して伝えている。

現在は、個人に寄り添う3ヶ月プログラム「ミラクルプログラム」や、グループで取り組む「ゆるしのレッスン」、カウンセラー養成講座など実施する傍ら、NPO法人日本心理カウンセラー協会において日本の心を健康にする活動も精力的に行っている。

◆ミッション
桑名正典は、
自分は駄目な人間だと自信をなくしている人、自分の存在の素晴らしさや可能性に気づいていない人、自分の可能性を押し殺して閉ざしている人、自分の存在意義を見出せない人に、カウンセリング・講演・セミナー・書籍などを通して、自身がサラリーマン時代に可能性を閉ざしていたが、そこから目覚めて独立したという経験に基づいた、成功者からどん底の人までの多くの人生に触れて観察・研究した結果得た「すべての人に役割があり、輝いた存在だ」という信念と豊富なカウンセリング知識、また、人生のマスターから学んだ人生哲学・成功哲学・仏教哲学を統合した知識を提供します。
これらのことにより、誰もが自分の中のポジティブで輝いた部分と可能性を持っていることに気づき、さらにネガティブな部分を受け入れることで、本当の「自分だけの役割」があることを知り、生きていることに対しての心からの自己肯定が得られ、幸せにあふれた日常と前向きで輝いた人生を創造するお手伝いをすることを使命とします。

◆ビジョン
桑名正典は、
・誇りを持って「自分の役割」を全うしながら人や社会と関わり、すべての存在に感謝と思いやりを持って、活き活きと仕事・プライベート・人間関係を満喫できる個人を増やします。
・人の可能性や、それぞれに役割があることを信じ、カウンセリングやセラピー、セミナーなどを通じて人の悩みを解決し、可能性を見出し、役割を見つけることができる個人を増やします。
・自分の可能性を諦めず追求できる環境を社会に広めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。