スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長はつづく、命がなくなるその日まで

二ヶ月くらい前、ふと思ったことがありました。

「今うまくいったとしても、2、3年で駄目になる・・・」

ええかっこしい(かっこつけ)の自分にとって、これを認めるのにとても勇気が要りました。

もちろん、今セミナーでお伝えすることは真実ですし、
それによって、変化される方もたくさんいらっしゃって、
人のお役に立てている感覚もあり、とても充実していてうれしい限りではあります。

しかし、それはまだまだ小さな小さなことです。


自分の目指すところは、
多くの人の光となり、多くの人のお役にたち、必要とされ、
10年、20年と活躍し続ける本物の人材です。

それには、
 もっといろいろと経験し、
 もっといろいろな人と向き合い、
 もっと人間力を上げ、
 もっと知識を培わなければ・・・

今のままではそれらが乏しすぎると感じました。


人によっては、ボクのことを成功していると見てくださる方もいます。
「メンターになってください」と言ってくださる方も随分増えました。

それはそれでうれしいし、ありがたいことなのですが、
そんな「今」にあぐらをかいていたら、
この変化の早い時代では2、3年で駄目になってしまうと思うのです。

ボクたちは、生きている限り世の中と関わり続けます。
だから、生きている限り成長が必要です。
死ぬその日まで、何らかの成長が・・・。


でも、自分の中の「自分には価値がないかもしれない」という恐れを抱いた自分は、
何かが少しうまく行くと、すぐに傲慢さに変化します。

ボクも経験しましたが、
傲慢になっちゃうと、成長がストップしてしまいます。
そして、人が離れていってしまいます。
すると訪れるのは2、3年後の衰退です。

そう考えると、
天狗になるといいことは何ひとつないですね。

よく勘違いしがちですが、

 誰かに認められたからって、自分が偉くなったわけじゃない。
 すごい人とつながっているからといって、自分がすごいわけじゃない。
 世間に評価されたからといって、偉いわけじゃない。
 人より少し知識があるからといって、地位が上がるわけじゃない。
 自分の力で稼げるようになったからって、そうじゃない人を笑ったり非難したりしていいわけがない。


常に志は高く、姿勢は低く、でも確固とした自信と感謝の心を持って
謙虚にいたいものです。


『覚悟のすすめ』に書かれている金本知憲選手の言葉です。
-------------------------------------
もうひとつ私が大事だと思っているのは、「感謝の心を持つ」ということである。
いろいろな人々に教えられたり、支えられたりしたことに対して、「ありがとう」という素直な気持ちを抱き、その気持ちを返さなければいけないと強く思ったからこそ、たいていのことは我慢できたし、努力することができた。「やり抜く」という強い気持ちを持つことができた。

『覚悟のすすめ』http://tinyurl.com/nzk7c5
-------------------------------------

連続フルイニング出場世界記録を更新中の人の言葉は心に響きます。

世界一の称号を持っている選手が、40歳を超えてもなおたゆまぬ努力を続けている。
それに比べると自分はまだ何も成し遂げていない・・・。
小さな世界でちょっとうまく行っているだけ。

傲慢になっている暇があったら、もっともっと大きな自分になるために、
昨日よりも今日、今日よりも明日、少しずつ成長することを実践していきたいものです。
自分の成長も、周囲の変化も、死ぬまで続くのですから・・・。


今日は少し厳しい記事でした。

たまにはこんなのもありでしょ(^^)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お世話になっております。
お願いもせずに勝手に、桑名さんをメンターの座に据えているさくらみるくです。

でも、自分の中の「自分には価値がないかもしれない」という恐れを抱いた自分は、
何かが少しうまく行くと、すぐに傲慢さに変化します。

というお言葉を、大変新鮮だと感じました。
劣等感と傲慢が深い関係にあることは気付いていました。
でも、無価値感(即ち劣等感なのですが)に陥ったら、それがすぐに傲慢に転じるほど近い関係にある。というか、裏表であるだけで全く同じものであるとは、考えたことがありませんでした。

傲慢の根は劣等感にあり、劣等感の根は傲慢にあるのかもしれませんね。
そして、自信を持つことと傲慢とは、違いますね。
自分と他人とを比べない。比べられるものではないと知り、自分を信じる。できると信じる。
そこには、劣等感も傲慢も、忍び込む隙がうまれないかもしれません。

平均台を歩くようなものだなあと感じることがあります。
右に落ちれば傲慢になり、左に落ちれば劣等感になる。
どちらにも落ちることなく、真ん中を歩むためには、自信を持ち自分を愛し、同時に同じ信頼と愛を他人にも注ぎ続けることが大事なのかもしれませんね。


時の流れは速い。。
難しい事ですが、それを見る目が必要なのでしょうね。

時流を見るのは苦手なので、得意な方から教えていただくとして
自分は、いくら時が流れても変わることのないものを見つめていこうかなと思いました。
その方が性に合っているような気がします。

ありがとうございました。

Re: No title

さくらみるくさん

いつもありがとうございます。
またメンターと言っていただいて光栄です(^^)
恥じぬように精進しなきゃですね。

劣等感は本当にいろいろなところで猛威を振るいますね。
傲慢さももちろんそこにつながると感じます。

そのあたりは自論なのですが、自分で検証したり、
人を観察して検証してきたので、当たっていると思います。

そういった感情に押し流されず、
自分の中に確固たるものを築くのが、
ゆるしであったり、達成感や使命感、充実感だというのがボクの意見です。

そのあたりを、文章でも精度高くお伝えできればなぁと
思う今日この頃です。
プロフィール

桑名正典

Author:桑名正典
▼好評のメールマガジン登録はこちら
 ◆PCの方はコチラ
 ◆携帯の方はコチラ

▼ツイッターはコチラ
http://twitter.com/personslink

▼小説『7月7日の奇跡』を無料でプレゼント
⇒ 『7月7日の奇跡』はコチラ
自分を信じること、自分の素晴らしさに気付くことがテーマです。

▼桑名正典公式サイト
http://www.personslink.com/

▼プロフィール
桑名 正典(くわな まさのり)

心理カウンセラー
NPO法人日本心理カウンセラー協会 役員
Person's link 代表

1977年2月生まれ。兵庫県姫路市出身。
兵庫県立姫路東高等学校を経て、岡山大学、大学院(専攻は化学工学)を修了後、(株)神戸製鋼所の研究会社コベルコ科研にて環境分析に携わり、農薬や有機化学物質、PCB、アスベストといった環境負荷物質の濃度分析や評価を行う。

サラリーマン時代は自分の可能性を閉ざしていたが、あることをきっかけに、自分の可能性を追求したいと考えるようになり、金なし、コネなし、経験なしの超見切り発車状態で会社を退職し、独立する。

元々は世の中に素晴らしい知恵と知識を広めるため、セミナープロデューサーとして活動する。
活動の中で、30年以上のベテランカウンセラーである澤谷 鑛(さわたに こう)氏のオフィス立ち上げに関わり、共に行動する中でカウンセリング力を見出され、カウンセラーデビューを果たす。

成功者からどん底の人までの多くの人生に触れて観察・研究した結果、「すべての人に役割があり、輝いた存在だ」ということに気づく。
さらに、澤谷 鑛氏やNPO法人日本心理カウンセラー協会理事長の前田大輔氏はじめ、大成功している成功者や、業界のトップを走る多くのマスターに師事して学んだ成功哲学・人生哲学・仏教哲学を統合した「幸せの知恵」を体系化し、カウンセリング・講演・セミナー・書籍などを通して伝えている。

現在は、個人に寄り添う3ヶ月プログラム「ミラクルプログラム」や、グループで取り組む「ゆるしのレッスン」、カウンセラー養成講座など実施する傍ら、NPO法人日本心理カウンセラー協会において日本の心を健康にする活動も精力的に行っている。

◆ミッション
桑名正典は、
自分は駄目な人間だと自信をなくしている人、自分の存在の素晴らしさや可能性に気づいていない人、自分の可能性を押し殺して閉ざしている人、自分の存在意義を見出せない人に、カウンセリング・講演・セミナー・書籍などを通して、自身がサラリーマン時代に可能性を閉ざしていたが、そこから目覚めて独立したという経験に基づいた、成功者からどん底の人までの多くの人生に触れて観察・研究した結果得た「すべての人に役割があり、輝いた存在だ」という信念と豊富なカウンセリング知識、また、人生のマスターから学んだ人生哲学・成功哲学・仏教哲学を統合した知識を提供します。
これらのことにより、誰もが自分の中のポジティブで輝いた部分と可能性を持っていることに気づき、さらにネガティブな部分を受け入れることで、本当の「自分だけの役割」があることを知り、生きていることに対しての心からの自己肯定が得られ、幸せにあふれた日常と前向きで輝いた人生を創造するお手伝いをすることを使命とします。

◆ビジョン
桑名正典は、
・誇りを持って「自分の役割」を全うしながら人や社会と関わり、すべての存在に感謝と思いやりを持って、活き活きと仕事・プライベート・人間関係を満喫できる個人を増やします。
・人の可能性や、それぞれに役割があることを信じ、カウンセリングやセラピー、セミナーなどを通じて人の悩みを解決し、可能性を見出し、役割を見つけることができる個人を増やします。
・自分の可能性を諦めず追求できる環境を社会に広めます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。